2017年08月15日

虐待されたポメラニアン

1502757663.jpg

【キャッツママFAXより抜粋】
6/30 朝5時50分
モテちゃん親子を保護する際に協力してくださったお二方の内、お一人はワンコさんと暮らしているのですが、近所のワンちゃん2頭の面倒をみてくださっているみたいです。

そのおうちは息子さんが両親のために、ポメちゃんとシーズーを与えたらしいのですが、シーズーは可愛がっていたらしいですが、ポメラニアンはひどい虐待を受け、目に殺虫剤をかけられて失明しているとのことです。
写真を見せていただきましたが、白いポメちゃんで、す〜ごく可愛い顔をしています。どうしてそんな扱いをするのか全く理解できません。

面倒をみていらっしゃるその方には、何とか、少しですが心をゆるしているらしいですが、人を寄せ付けないとの事です。トリマーもしてあげたいのだけれど、ひどい虐待を何年も受けてきたので、どうしてあげる事も出来ないのです……とおっしゃっていました。

でもその方だけには少しだけ大丈夫で、散歩をさせて、ご飯をあげる事はできている…との事でした。

その飼い主は最近亡くなったそうですが、お線香も手向けたくないような人間です……いやもう、人間じゃないですね……とおっしゃっていました。本当にそうですよ……

ポメちゃんかわいそうに、でもやさしい方が近所にいて本当によかったと思っています。
詳しくわかりましたらまた書きますね


7/11
前に、ひどい虐待で失明したポメちゃん
近所の優しい方に引き取られました。譲渡などで色々とやりとりが大変でしたが、やっと落ち着き場所が決まりました。

ある心ある方が(Cさんとおっしゃってました)、自分の敷地を貸してくださって、そこにうちのおじさん(※キャッツパパさん)が屋根やスダレの大工さんしてくれました。居心地のよい環境を作れたようで、保護された方にも感謝されたようです。

Cちゃんという可愛い名前のポメちゃんです。やっと休まる場所を与えてもらえて、ホッとです。
でもまださわる事も出来ませんので、予防注射などはこれから徐々にです。
お散歩したり、ご飯をあげてくださる方には少しずつではありますが心をゆるしてきているようです。
今はまだお散歩は首輪のところをリードにつなぐのではなく、つないであるところを外して散歩されているそうです。
お散歩中に会うワン達にはすごく仲良しみたいですが、人間(特に大人)にはだめみたいですね。
でもよかったです。

おじさんがCちゃんとハウス見ておいでよと言ってましたが、ポメちゃん見ると辛くて、虐待をした人への怒りでいてもたってもいられなくなりそうなので…


↓キャッツママ・ホームページ↓
しっぽたちの幸せ探し★猫の里親募集中


ブログランキングに参加しています。
大変励みになりますので↓クリックのご協力を、どうぞよろしくお願いします。
banner.blog.with2.net.jpg
クリックするとランキングサイトが開きます。

posted by 管理人おやっさん at 09:57| いのちのこと/ママさん便り